女子高生(JK)と付き合った社会人男性・男子大学生の恋愛体験談

女子高生(JK)と付き合った社会人男性・男子大学生の恋愛体験談を紹介します。

16歳の女子高生(JK)と付き合った体験談

出会い系サイトで16歳の女子高生と出会った体験談

私が大学生20歳の時に、相手の年齢は16歳だったと記憶しています。当時は未だスマートフォンが完全には普及していなかったので、メル友を募集するような出会い系サイトにて出会いました。いわゆる性的な目的で利用していたわけではなく、元々友人関係が狭かったので、単純にお友達が欲しかったんです。いざ知り合ってみると、彼女は一応高校には在籍しているものの、ほとんど通っていないという状況であることが分かりました。それでも会ってみると、全く何の変哲もない女の子ですし、正直容姿も性格も私好みでした。逆にJKっぽくない(キャピキャピ騒がしくない)雰囲気が魅力的だったのだと思います。東京と千葉の中距離くらいの恋だったので、車も持っていない、経済力も無い当時の私ではあまり会いに行く事が出来ませんでしたが、桜を見に行ったり、ショッピングしたり、カラオケに行ったり、それだけのシンプルなデートプランでもとても充実していました。別れは相手の方からで、私に迷惑を掛ける、という種の物でした。そんな事は全く気にしていませんでしたが、やはり彼女の環境がそう悩ませていたみたいです。その後しばらくして、彼女はアルバイトを始めるようになりました。あるアーティストに熱中し、そのライブに行く事が生きがいになったようです。そこで新しい友人や、男性との出会いもあったとかないとか。正直な所、まるで妹のように感じていました。遠くから見守っているだけで、なんだか嬉しかったのだと思います。今では残念ながら連絡を取る事が出来ませんが、きっと、立派に成長しているのだと思います。

友人の妹のJKの友達の女子高生と付き合った話

20歳の時に16歳の子と交際してました。出会いのキッカケは友達の妹の友達でたまたまカラオケに一緒に行くことになり知り合いました。少し気が強く活発な感じな子で当時自分は全然恋愛経験もなくコンパとかに行っても女の子と上手くしゃべったり出来ず彼女も出来なかったのですがその子とはすごく気が合いすぐに仲良くなりました。家がすごく遠く片道一時間半くらいなんですが仕事が終わった後とか休みの日に遊んでるうちに本気で好きになりました。向こうも自分に好意があるというのを友達の妹から聞いたので思い切って告白して付き合いました。自分もまだ若かった時でお金があまりなく何処かに連れて行ってあげたりいいプレゼントとか買ってあげられるなくてごめんねと言った時、お金とか目当てで付き合ったんじゃないから絶対そんなこと言わないでと怒られたのを覚えています。自分の家に連れてきた時それまで女の子を連れてくるなんてなかったのでいきなり女子高生を連れてきたから親がすごくビックリしてたのを今でもすごく覚えています。結局1年くらい付き合ったのですが仕事の忙しさや家が遠い事がだんだん嫌になってしまい自分から別れを告げました。あれから20近く経ったけど多分一生忘れる事のない思い出です。

17歳の女子高生(JK)と付き合った体験談

女子高生と大学生で交際した恋愛体験談

私が大学3年生だった時に中学の同級生と地元の花火大会に行きました。その時に同級生が高校の後輩を2人連れて来ていました。その内のひとりと連絡先を交換しまして、付き合うことになりました。高校生同士での付き合いであれば違和感はありませんでしたが、自分が成人となり、未成年の女子高生と付き合うということを考えたときは当初は躊躇していました。お金を払って付き合っているとまわりから思われるかもしれないと考えていたからです。しかし何度か連絡を取ったり会ったりを繰り返して純粋に1人の女性として好きだったので周りになんて思われようと自分の気持ちを大切にし付き合い始めました。年下といっても彼女は高校2年生の17歳だったためそこまで年齢の壁は感じませんでした。高校生活を懐かしみながら彼女との会話が楽しかったです。彼女の高校は校則が厳しい学校であったためバイトが禁止にされていました。そのため、基本はバイトしていた私がお金を払っていましたが、良くできた子でなるべく自分のことは自分で払うと言い、甘えるところは甘え、しっかりするところはしっかりする真面目な子でした。1年くらい付き合い彼女が受験勉強の期間に入りました。それから連絡がまめに取れなくなり、会える回数も減ったため自然と別れることになりました。今となれば良い思い出です。

高校教師と女子高生(JK)の恋愛体験談

転職先が工業高校だったのが、もともとのきっかけとなりす。当時は、わたしが27歳、相手は高校3年なので17歳でした。高校に勤め始めて数週間がたったころ、3人の女子高生が廊下を歩いていて、その横を同僚の先輩と歩いておりました。すると3人組の真ん中の子が「ん、新人さん?」と声をかけて来ました。以前から、同僚の人とその女子高生は面識があったようで、度々、私たちの休憩所に顔を出すようになりました。その女の子は工業高校では、建築科に通っておりました。わたくしも、高校は工業高校で建築科、建築の専門学校を卒業して、最初の就職は大手住宅メーカーの設計をやっておりました。彼女が製図の宿題が出て困っていたとき、わたしが教えてあげたのをきっかけに、急接近いたしました。相変わらず、呼び方は「新人」でしたが、女子校生と話す機会など無かったものですから、勤め先に行くのがとても楽しみになりました。車で通勤をしていたのですが、帰り道、彼女が道を歩いていて、こちらに手を降っていたので、家まで送っていってあげました。今思えば、偶然ではなくて、わざわざ待っていたのでしょう。それから何回か学校が終わった帰り道、2人でドライブをしたり、食事をしたり、カラオケなどは最近の曲を教えてもらったりしました。彼女が卒業をして、就職をしてからと言うもの、だんだんと疎遠になってしまいましたが、とても楽しくワクワクドキドキな一年間でした。

バイト先で知り合った女子高生と付き合った話

知り合った当時は私が20歳大学生、相手は17歳高校生だったかと思います。たまたま短期目的で始めたアルバイト先で知り合い、何度か同じ日にシフトに入っているうちにお互いの身の上話をするくらいに親密になりました。そんなアルバイト仲間という関係以上でも以下でもない状態だったある日、相手から突然好意を告げられ非常の驚きと戸惑いがあったことをとてもよく覚えています。何せ、先述したようにアルバイト仲間でしかなく、どこかへ一緒に遊びに行くことはもちろん二人だけの時間を持つことすらなかったもので。好意は告げられたものの、当時私には交際していた一学年下の女性がおり、そのことは特に隠す理由もなかったのでそのまま伝えておりましたので、ありがたく気持ちだけ受け取る旨返事をし、相手も目立った執着を見せることもなく納得してくれました。それから、もともと短期のアルバイトだったため自然と疎遠になったのですが、ちょうど一年くらいした頃でしょうか、偶然駅のホームで再開しました。一年前と比べると体重もおそらくは10キロ前後落ちたのかずいぶんスリムになっていて美人だと感じましたので、それをそのまま伝えたところ、なんと相手の気持ちは一年前と変わっていないとか。つまりまだ私に好意を持っていてくれていたのです。当時、先述の一学年下の交際相手とは別れておりましたし、悪からず思っている美人からの行為を拒絶する理由もなくそのまま自然と交際する流れとなりました。それからは特に変わった付合い方ではありませんでしたが、逆にごく一般的なことは一通りしたかと思います。ただ、男女の仲になるのだけは彼女が18歳の誕生日を迎えるまで待ちました。どこでどういう巡り合わせがあるかわからないので慎重にと考えたためです。そこからも至って普通で取り上げるほどのエピソードもありませんが、彼女にとっては初めての男女交際と呼べるもので、初体験の相手も私だったようです。私としては先述の一学年下の交際相手も同じ状況でしたので違和感もありませんでしたが、今となっては当時はそういう運に恵まれていたのだなと感じます。その後は私も大学を卒業し多忙になったことで疎遠になりがちで正式な交際関係は解消しましたが、それでも10年くらいは細々と続き、肉体関係も含めお互い大人として程よい距離感でいられたのではないかと思います。彼女も今は母親になっていると聞きました。

年上好きの女子高生と交際した社会人男性の話

私が23歳の時に17歳の女子高生とお付き合いしていました。出会いは私の後輩とお酒を飲んだ時にその後輩が連れてきたのが彼女でした。もちろん彼女は17歳だった為お酒を飲ますことはしませんでしたが、とても可愛らしく私も出会いに飢えていた為、その後何度かの食事をしてから私が告白しました。彼女も年上男性が好みだったらしく無事に付き合うことになりました。付き合ってからは平日のデートは彼女は制服姿だった為ちょっと周りの視線が気になりなったのを覚えています。彼女は男性と付き合ったことがないらしく、とても初々しさのある感じでこちらもそんな彼女に苦い思いをさせたくなく慎重にお付き合いをしていました。付き合ってから半年ほどで彼女は高校を卒業したら結婚したいと言い出しており、若さからの勢いなのだろうと思っていました。私は社会人であった為、飲み会なども割りと頻繁にあり、彼女は男性経験が少ない為過度に心配をしていたようです。もちろんお付き合いしているので夜の営みもありましたが、さすがに高校生での妊娠はさせてはまずいとそこは徹底して配慮してましたね。相手のご両親にはどう挨拶したほうがいいのか非常に悩みました。歳の差は5歳ほどでも社会人と女子高校生な為、相手の実家に遊びにいくようなことはどうしても出来ませんでした。それから2年が経ち、彼女も専門学校をでて就職を機に私たちは結婚に至りました。

18歳の女子高生(JK)と付き合った体験談

新卒の社会人の時に女子高生と付き合った話

私が22歳の時に18歳の高校3年の女子高生と付き合ったことがあります。私は、社会人1年目で彼女は高校3年で出会いは学生の時に同じアルバイト先だったのがきっかけでした。彼女は高校2年の時からアルバイトをしていて、当時、私が研修担当で最初はまったく恋愛感情はなかったのですが、私が大学卒業して就職をするのでアルバイト先をやめるにあたり、アルバイト先で送別会をしてもらった際に、彼女から告白をされました。私自身、その時はとてもびっくりをしましたしぜんぜん気づきませんでした。もともと気が利くいい子だなと思っていたのでスムーズに付き合うようになりました。付き合った後は、私が社会人、彼女が女子高生という関係でなかなか価値観が合わないのかなと思っていましたが、彼女は高校生には見えない落ち着き感と大人っぽさがあったので特に違和感がなく付き合うことができました。ただ、デートやどこかに出かけたときには私が社会人のため、すべてのお金をだしていたので当時、新入社員で給与がすくなかった私としてはなかなか厳しい経済事情でした。やはり、高校と社会人ということでなかなか時間が合わなかったり価値観のズレなどがあって半年ぐらいで別れることとなりました。でもとてもいい思い出となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました